何をしようとしているか

ホライゾンランカ基金は、スリランカでの最古代都市であるアヌラダプラの郊外にあるハマビラチチヤにある非営利機構 (有限営利企業として登録) です。生徒は公立校終了後、週末或いは学校の休暇時にホライゾンランカ校に通ってくる子供達から成ります。この学校では英語、ICT(情報通信技術)、科学、数学、芸術やスポーツを子供達に教えています。発表や弁論術、自己啓発も鍛えます。これら学科に加えて、生徒達はもっと広く勉強します。献身的なスタッフと重労働も厭わない国内外のボランティアの御蔭で、生徒達は重要な生活する上での技量、即ち対人関係や文化間のコミュニケーション、忍耐、指導力、他人や環境の保護、持続的な開発やチームワークを学びます。

 

ホライゾンランカ基金は地域共同体の支柱となり、関係する全ての人達の生活改善に向けて働き掛けています。我々は国内外からのボランティアを公共学校の午前中の活動に派遣しています。ホライゾンランカ校は午前中は開校していませんので。我々の究極の目標は、周りの共同体同様に彼等の共同体の環境改善に向けて活動すべく、村の若者を元気付ける事に有ります。

それがどのように始まったのかを調べる。